豊富なエネルギーを作り出すZEHの住まいを手に入れよう

地域に合わせた家づくり

女の人

場所の特性を見極める

岐阜県で住宅の購入を考えたときに、多少高価格になっても注文住宅は有力な選択肢になると言えるでしょう。なぜなら岐阜は全国でも七番目の面積がある大きな県で、地域によってそれぞれ特徴の違いがあるからです。例えば南部の美濃地方は比較的に平野が多く、名古屋のベッドタウンにもなっている地域です。その一方で北部の飛騨地方は山間にあり、林業や観光が盛んな地域です。また寒暖差が大きく、冬は豪雪地帯になる場所も存在します。このように多くの様相を見せる岐阜では、ある種画一的な建売物件よりも注文住宅の方が、住宅購入者の様々な要求に答えることができます。また注文住宅を選ぶことは、同じ地域で同じ規模の建売物件の購入する場合よりも、金銭面での負担が増える可能性を有します。しかし大都市圏での住宅購入と比べてみると、岐阜の注文住宅はお買い得と言えるかもしれません。岐阜県の平均的な土地価格は、南隣の愛知県の都市部よりもはるかに安くなっています(県別地価平均では10万円以上の差)。もし穴場を見つけることができれば、それなりに大きな土地をかなり安価に入手することも可能です。つまり大都市圏に比べて、利便性は多少劣っていても土地購入費が安くすむので、注文住宅建築の費用に余裕を持つことも不可能ではないのです。これらの岐阜県の特徴を考えると、自分達の希望が叶えやすくその土地その土地に合わせた家づくりができる注文住宅は、とても魅力的な選択になることに疑いの余地はありません。